<< /p>

EVENT

10/16(土)\親子むけイベント/ 絵本で繋がる、アートの心を育む。「読み聞かせとミニ絵本作り」

イベントの詳細はこちら ▶︎https://peatix.com/event/2906419/view

◎このイベントについて

「絵本は幼稚園や保育園で読むもの」「夜子どもに読み聞かせするもの」というイメージが強い絵本ですが、近年、絵本にハマる大人が増えてきていることをご存知でしょうか。
大人が、ただ好きな絵本を買って一人で静かに読むだけではありません。
仕事帰りのサラリーマンが、大人向けの絵本読み聞かせの会にいったり、夫婦で絵本の生演奏音楽ライブにいったり、家族で絵本の中に出てくる食べ物を作るご飯会に行ったり。もはや絵本は「読み物」の枠を超えて、あらゆる世代の人と人を繋ぐ新たなコミュニケーションを生むツールとなっているのです。
今回はそんな絵本を題材として、子どもはもちろん大人までも楽しめるワークショップをSPRAS  AOBADAIで開催します。


◎絵本で繋がる、アートの心を育む。「読み聞かせとミニ絵本作り」

老若男女に愛される絵本。
絵本は親子でのコミュニケーションをとれたり、感情・想像力を育んだり、語彙力を伸ばすことできるツールの一つです。


【絵本の役割】
乳幼児期に絵本の読み聞かせをしてもらう経験は、お子様の自己形成や共感性、協調性を育てるなど情緒や対人関係の発達に関係し、 読み聞かせには読み手である大人にも影響を与える、相互作用をもったコミュニケーションであることも明らかとなっています。

イベント当日は講師に横浜美術大学の絵本専攻の皆さんを迎え、アート・美的感覚も絡めた20分程度の読み聞かせと、それぞれが自由に制作できるミニ絵本作りのワークショップを行います。
読み聞かせをしてもらう本は、子ども向けの楽しい絵本を用意していただきます。
内容は、当日のお楽しみです!(対象のお子様は4歳以上〜小学校低学年のお子様を想定しています。)
子どもはもちろん、大人の皆さんも想像力をかき立てて、のびのびとご自身の感性を育んでいただければと思います!

また、ミニ絵本作りのワークショップでは参加いただく皆さんのアイディアを詰め込んでオリジナルの絵本を作ります。一人一人の個性を自由に表現できるワークショップとなっております。
ぜひ親子でのご参加をお待ちしています!

横浜美術大学の活動:オリジナル絵本を園児に読み聞かせ
https://www.yokohama-art.ac.jp/news/2018/20180920_01.html

 

◎こんな方に来て欲しい!

・親子で参加できるイベントを探している方
・アート・美術に興味がある方
・絵本が好きな方
・読み聞かせが好きな方
・絵本が好きなお子様がいらっしゃる方
・スプラス青葉台に興味がある方

 

◎スケジュール

14:00-14:05 本日のテーマ、先生のご紹介
14:05-14:30 絵本の読み聞かせ
14:30-15:00 絵本作り
15:00 終了予定

 

【開催概要】

開催日:2021/10/16(土)
時間:開場:13:45〜  開始:14:00〜  終了:15:00
参加費:500円(材料代含む)
定員:現地:20名(親子で10組)*4歳以上〜小学校低学年むけのお子様
申し込み:peatix(チケットサイト)
主 催:東急株式会社×YADOKARI株式会社
場所:SPRAS AOBADAI 青葉台郵便局 2階フロア イベントスペース (神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目13-1)
アクセス: 東急田園都市線 青葉台駅より徒歩3分

◎講師

宮崎詞美 MIYAZAKI KOTOMI
新聞社編集局グラフィックデザイナーを経て、現在、横浜美術大学イラストレーション研究室、絵本専攻・イラストレーション専攻 教授。博士(美術)。
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入賞など。
絵本のつくりかたのヒミツとイラストレーションの研究をしています。
*今回は宮崎教授のワークショップご参加はありません。柴崎助手を中心に研究室のスタッフ(助手・副手)による実施となります。短いビデオメッセージを当日は頂いております。

柴崎茜 SHIBAZAKI AKANE
横浜美術大学イラストレーションコース卒業。
漫画家のアシスタントなどを経て、現在、横浜美術大学イラストレーション研究室助手として学生を見守っています。
主に女の子をとりまく感情や、ひととひとの間にうまれる関係性をテーマに作品づくりをしています。


横浜美術大学 絵本専攻のご紹介
1年次で美術・デザインの基礎を学び、2年次からイラストレーションコースなどにおいて高度な表現技術を学び、4年次の教育を絵本表現に特化したのが絵本専攻です。
多様な表現技術を学び絵本を制作することは、絵本の可能性を広げるだけでなく、あらゆる分野のメディア表現の広がりと深まりをもたらします。絵本の持つ表現の可能性を探究していきます。

 

◎注意事項等

・当日はスタッフによる写真・動画撮影が行われる場合があり、会場内のお客さまが映り込むケースがございます。また、写真・動画についてはイベント終了後、広告物・テレビ・新聞・雑誌・WEBなどに露出・掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・新型コロナウィルスの感染拡大及び、緊急事態宣言の発令に応じて開催については中止・変更になる可能性がございますそちらに関しましては、peatix経由で頂いたメールアドレスよりご連絡させていただきますのでご確認ください。
・会場内でのソーシャルディスタンス(2m程度)の確保にご協力ください。
・入口付近に手指アルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒にご協力ください。
・発熱や体調不良の際はご参加をお控えください。
・手足用の消毒スプレーや、除菌シートをご用意させていただいております。
・会場に来る際はマスクの着用をお願いいたします。