EVENT

「5/12(木)『歩く』がテーマのnexusチャレンジパークイベント 〜あなたのアイディアをイベント企画に活かそう〜」

2022.04.15

お申し込みはこちら▶︎https://peatix.com/event/3230365/view

 

◎このイベントについて

東急SレイエスFCがnexusチャレンジパークで開催するイベントを一緒に考えるためのワークショップです。
「歩く」をキーワードに多世代交流や地域との繋がりをイベントの魅力としてどのように展開させるか、参加される皆様で様々なアイディアを出し合い、イベントに活かす企画をアウトプットします。
冒頭に東急SレイエスFCとnexus構想について、ご説明させていただきます。

\用意するものは、豊富なアイディア/
面白い、楽しい、地域に存在して欲しい、成功事例、社会貢献視点など、皆様の持つ豊富なアイディアをご用意いただき参加をお待ちしています!

\はちみつ紅茶を飲みながらワークショップ/
ワークショップでは、東急SレイエスFCオフィシャルパートナーの『有限会社グランジャポン』のはちみつ紅茶を飲み、心をリラックスさせながら参加できます!

◎東急SレイエスFCとは

東急SレイエスFCは、横浜市青葉区(あざみ野)を拠点として活動している、幼児から大人までを対象に約3,500名の会員を抱えるサッカーとフットサルの総合フットボールクラブです。クラブ創設から約20年、中学生チームはクラブユース選手権や全日本ユース選手権で7度の神奈川県大会優勝や3度の全国大会出場、また高校生チームは発足3年でタウンクラブカップ全国大会優勝など、育成年代における優秀な育成機関として日本国内においても評価を受けています。

また、フットボール活動以外にも地域連携や地域貢献活動にも積極的に取り組み、地域密着型のフットボールクラブへ大きく成長を遂げています。フットボールを中心に様々な運動機会を通して、あらゆる世代の地域の方々と絆を作り、様々な社会課題の解決を目指すとともにWell-being(身体的・精神的・社会的に満たされた状態)な世界の実現に向けて真剣に取り組んでいます。
公式HP▶https://www.tokyu-sports.com/football/reyes.html
Instagram▶https://www.instagram.com/tokyu_s_reyes_fc/
Facebook▶https://www.facebook.com/tokyu.reyesfc/

◎こんな方に来て欲しい!

・青葉区の活性化に貢献したい方
・まちあるきが好きな方
・地域のイベントを探している方
・東急Sレイエスに興味のある方
※18歳以上の成人/男女不問

【nexus構想について】
「nexus(ネクサス)」とは、つながり・連鎖を意味します。
本構想では多摩田園都市エリアで、郊外における生活者起点での自由で豊かな暮らしを実現するために、住む・学ぶ・働く・遊ぶといった生活が自然や農と融合した「歩きたくなるまち(Walkable Neighborhood)」を目指しています。
特に、昨今の世の中の変化は、人々の生活スタイルを変え、郊外滞在時間の増加や自然への期待などが高まりを見せており、緑豊かな「田園」と職住近接型の「都市」の共存を目指すべき姿と捉えています。
また、上記取組みを東急グループのみで推進するものではなく、本構想に共感いただいた行政や企業をバディ(仲間)と捉え、多様なバディと連携し、生活者起点のサステナブルな地域ネットワーク構築を目指しています。そのネットワークと各地域の特徴を生かし、「農と食」「資源循環」「エネルギー」「駅遠エリアのMaaS」といったサステナブルテーマを定め、実証実験や事業化を段階的に展開していきます。
公式HP ▶https://nexus-dento.com/

■nexusチャレンジパークについて

nexus構想の第1弾として、川崎市、横浜市の市境近辺にある虹ヶ丘団地、すすき野団地エリアに、バディと共にさまざまな実証実験に取り組む拠点として「nexusチャレンジパーク早野」を本年4月7日に開業しました。緑豊かな約8,000㎡の敷地内に、シェアリング型のコミュニティIoT農園や地産地消マルシェなどの多目的利用が可能な空間を作り、地域住民が日常的に自由に活用できる場としても運営します。街の人びとが主人公となり、地域の農家や学校、そして企業や行政などのバディが集まって繋がり、生活者起点での魅力的な「まちの仕掛けづくりの場」として、住まい手の力で、住まい手の想いにフィットしたまちを目指し、ライフスタイルの一部となる「みんなで試せる場」となります。
公式HP ▶https://ncp-hayano.studio.site/

【開催概要】

開催日:2022年5月12日(木)
時間:開場:18:45- 開始:19:00- 終了:21:00
参加費:無料
定員:30名
対象:18歳以上
申し込み:https://peatix.com/event/3230365/view
主催:東急SレイエスFC・東急スポーツシステム株式会社
場所:青葉台郵便局2階 SPRAS AOBADAI (神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目13-1)
アクセス:東急田園都市線 青葉台駅よりバスロータリー側に徒歩3分。郵便局横のスロープをお上がりください。

【参加講師】


土本和孝(Kazutaka Domoto)
東急SレイエスFC代表
1975年生まれ。東京都出身。大学卒業後、東急スポーツシステム株式会社に入社。サッカースクールのコーチとしてキャリアをスタートさせ、東急SレイエスFC U-15の設立や監督などを担当。またフットサル施設(アディダスフットサルパーク)の店舗責任者を経て、サッカー事業やスイミング事業、キッズ事業全体のマネジメントに携わる。現在は、サッカー事業専属の全体統括として、東急SレイエスFC代表を務める。
『クラブの掲げるレイエスドリーム実現に向けて日々奮闘中です。このワークショップを通して、地域の方々が健康になる、街が元気になる、そんな取り組みを皆様と共に作り上げていきたいと思っています!』


清水寛之(Hiroyuki Shimizu)
東急株式会社
沿線開発事業部 開発第二グループ 事業企画担当 課長
1972年生まれ。埼玉県出身。青葉区在住。不動産ディベロッパーを経て、2004年東京急行電鉄株式会社(現:東急株式会社)入社。住宅部門で新築マンション・新築戸建、一棟リノベーションマンションの事業推進、住み替え支援スキームの企画立案、シングルマザー向けシェアハウスの企画のなどを担当。2022年4月よりnexus構想推進チームに就任。
『どういった街に若い方々が魅力を感じるのか?いまお住まいの方々が本当に必要だと思う街の要素は何なのか?あらゆる人にとって住みやすい街とは?住民参加型、生活者起点での街づくりを目指して、日々試行錯誤を繰り返しています。このワークショップを通じて、世界にも例を見ない新しいまちづくりの一歩が踏み出せたらと思っています。』


【ワークショップ内容・タイムスケジュール】

18:45- 受付
19:00- スタート
・東急SレイエスFCが描くスポーツを通じた街づくりとは?
・nexus構想&チャレンジパークとは?
・ワークショップの進め方について
19:45- グループワーク
・グループ(5~6名程度)に分かれ自己紹介、企画アイディアを出し合いながら、一つの企画を作成。
「やってみたいイベント」「あったら楽しいイベント」「スポーツを通じてできる可能な事」「街のためになること」など
を話合います。
20:30- 発表・グループ事に企画内容を発表
21:00- 終了

【注意事項】

・イベント等以外で、スプラス青葉台を利用する場合は会員登録が必要となります。
・当日は主催者側で写真や動画撮影を行う可能性があります。また、写真・動画については
イベント終了後、テレビ・新聞・雑誌・WEBなどに露出・掲載される場合がありますので、 あらかじめご了承ください。
・新型コロナウィルスの感染拡大及び、緊急事態宣言の発令に応じて開催については中止・
変更になる可能性がございますそちらに関しましては、peatix経由で頂いたメールアドレス よりご連絡させていただきますのでご確認ください。
・会場内でのソーシャルディスタンス(2m程度)の確保にご協力ください。
・入口付近に手指アルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒にご協力ください。
・発熱や体調不良の際はご参加をお控えください。
・手足用の消毒スプレーや、除菌シートをご用意させていただいております。
・会場に来る際はマスクの着用をお願いいたします。